「あ?…」
寝転がってたフェディアがムクリと起き上がる
「ん?どうしたのさ」
あたりを睨み付けるように見回す
「おいおい、じょうだんじゃねぇぜ!」
急にファディアがベルトを出現させる
「チェンジしろ!」
はぁ?
「早く!!」
鬼気迫ったファディアの言い方に何かを感じて言われるがままに
スロットにカードを入れる
<トランス、レディゴウ!>
「スタイルチェンジ!」
スロットを押し込む
<チェンジ フェアリー・トランス>
チェンジと同時にファディアが体に入り込んでくる
と、その瞬間に感じた
「うわっ…これは…」
なにか凄く嫌な感じがするな
(早くここから逃げるぞ!)
「とりあえず…逃げるどころじゃない…」
辺りを見るとところどころにシャガイアがいる
スキャンブレードを手に取り襲いくるシャガイアをさばく

-suzuka-

「カイ!」
「なぁに!?」
変化させた片腕でシャガイアを斬る
「そっち何匹いる!?」
何体も切り倒しどうでもいいことを聞いてしまう
「数えたくにゃい!」
「そうりゃそうよね…」
海莉はシャガイヤをちぎっては投げちぎっては投げを繰り返す
「え?」
急にシャガイアが消滅する
「なになに???」
海莉がキョロキョロしている
涼香は過去の経験から記憶を引き出す
「マザーが倒されたのかも…しれないわね…」
融合を解除した海莉がこちらをみてどうする?と目線で聞いてくる
「他の所に…誰!?」
涼香が睨んだ場所から1人の少年が出てくる
「すごいな、俺来た瞬間だったのに」
少年は感心した表情だったが顔に警戒を浮かべている
それは涼香の片手がシャガイアの腕のように変化しているからだと分かったいたがそれよりも気になることがあった
「あんた…珍しい精霊連れてるわね」
「ほう?さすが感染者。見えているのですね」
少年の横にいた精霊が答える
「まさか、王家が関係してるわけ?」
「答えることはありませんよ」
その態度にイラついた涼香だったがこれ以上は聞いても無駄だと判断して引き下がる
「じゃあな」
「失礼します」
話が終わったと判断したのか少年と精霊は背を向けて歩いていく
「いいの?すずちゃん。何か気にしてたんじゃないの?」
「いいの、ほら行くよ」
 
-END-

何かが破裂した音を手繰る
「愛梨!」
肩を庇って走っている愛梨を支える
「にいさん!よかった…」
赤いカラスのようなのが怪物と戦っているが劣勢のようだ
「ちょっと待ってろ」
腰にベルトが出現する
「ほう、アイツ…」
「チェンジ!」
<チェンジ フェアリー・トランス!>
考え事しているトランスを放って怪物と戦いだす
怪物を赤いカラスから離してからブレードを抜こうとしたときに気づく
「ん?なんだこれ?」
いままではそこになかったはずだが左腕になにか装備品が増えている
「あ?あぁ…そっかそっか」
よろよろしている赤いカラスをファディアが鷲掴みにする
「おい、これ!わかるか!?」
トランスはCTカードによく似たカードを見せるとデータが書き込まれる
「ぐ、この怪物!」
さすがに空中を飛ぶ鳥に優位に立てるだけあって今までのやつよりはすばやく動いている
「竜太!これ使え!」
というと急にいつの間にか装備品からカードホルダーが飛び出しそこには赤いカードがあった
「これは…あれか」
そのカードを装備品に読み込ませる
<フレイムライド!>
すると白銀のアーマーの一部が赤く変化する
「お、これは!」
怪物が近づいてきたのをブレードじゃなく左腕で殴ると殴ったあとに炎が噴出す

『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。